2016/08/25

8月最後のアイン朝市&夜市

加西産のブドウ、稲美産のブルーベリー、山形産の桃。アイン朝市を始めてから、季節の野菜や果物を味わう機会がぐっと増え、「幸せやな~」と感じる瞬間も増えました。

仕入れを始めるまで気づかなかったけれど、野菜や果物にはやっぱり「一番おいしい旬」というものがあるんですよね。そしてそれは、思っていた以上に短かいものです。


トウモロコシと同じく「朝採りがいい」と言われるイチジクは、8〜10月が旬。まさに「今食べなきゃいつ食べる⁈」という果物です。


先週、前から気になっていた稲美町のイチジク農園を尋ねた時、入院中の園主にかわって農園を任されているという山口さんご夫妻が、毎朝5時半からイチジクを収穫しているという話を聞きました。

「おいしそうなのをもぎって食べていいよ」と山口さん。遠慮なくいただくと、もぎたては実にハリがあり、新鮮そのもの!

「いっぱい買いたいけど、一気にたくさん食べられんしなあ」とぼやいていたら、山口さんが「凍らして食べてもおいしいよ」とおっしゃるので、「30個入り1箱買います!」と即購入。

冷凍したものを半解凍して食べてみると、濃厚なシャーベットのようでした。毎日1個ずつ食べるのが、最近の楽しみです。


このイチジク、みなさんにもぜひ味わっていただきたく、今週末の朝市で販売させてもらうことになりましたよ〜!

なんと、当日の朝5時半から、アインスタッフ・住徳さんが農園の方と一緒に収穫。到着は7時を少し過ぎてしまうかもしれませんが、届き次第、試食・販売をスタートします。

果物は他に、梨やブドウ、スモモも入荷予定。季節の移り変わりに合わせて収穫される品種も変わっていきます。お気に入りの味に出合えるといいですね!お楽しみに。

先週に引き続き、フレッシュグループ淡路島の野菜も届きます。ルッコラ(セルバチカ)、人気のリーフミックス、スティックパプリカ、ピーマンなど、カラフルな野菜が勢ぞろい。

そうそう、最近「小松菜ある?」と聞かれることがたびたびあったので、都倉農園(加古川市)さんの小松菜、水菜も久々にご用意しますよ。味が濃くて新鮮な都倉さんの野菜、お待ちかねのみなさん、この機会にぜひ。


ズッキーニの兄弟のような韓国かぼちゃを朝採りし、時々持ってきてくださる加古川市の武田さん(写真上)には、先週からバターナッツというかぼちゃも仕入れさせてもらっています。

武田さん、先週は塩ゆでしたバターナッツと韓国かぼちゃのサラダを持って朝市に来てくれました。しかも接客までしてくださる(笑)。作った方とお客さんが出会える朝市って、いいもんだなと感じた瞬間でした。


トマトケチャップやピューレに続き、最近トマトジャムを新発売した高見農園(加古川市)さん。早速、スタッフみんなでジャムを試食してみると「トマトジュースみたい!」「塩気のあるクラッカーにあいそうやね」との感想が。みなさんも、どんな味か気になってきたでしょ?

というわけで、今回のアインカフェでは、自分でトーストしたパンに、好きなジャムを塗って味わえる「トーストセット」(限定20食、500円)を用意。

トマトジャムやミルクジャム、神戸の果樹園「甘果園」の果物ジャム数種などを少しずつ全部塗るのも良し、お気に入りを選んで塗るのも良し。ゆで卵、アイスコーヒー又はジュース付きです。


前回に引き続き、オリジナルのイスが作れるワークショップも開催します。イチジクの収穫を終えたばかりの住徳さんが、手取り足取り教えてくれるはず!

そして朝市が終わった数時間後には、初めての夜市を開いちゃいますよ〜。18時半から20時半頃までの予定です(天候等の事情により、オープン時間・内容に変更が生じる場合もあり)

今日は夜市運営メンバーが、シュミレーションを行いました。やっと涼しくなってきた18時過ぎからアインファームの草刈りをして、19時半頃に会場を見に行くと、なんにも売り物がないのにライトがきらめいているというだけで、なんだかワクワク。


デザイナーのかよさんは、夜市ならではの「LEDキャンドルライト絵付けワークショップ」(1000円)を準備中。この絵付け、簡単にできるそうですよ。

ビールやワイン、ソフトドリンク、ちょっとしたおつまみやアイスクリームなどを味わいながら、みんなで夏の夜を満喫しましょう!

最後に今日のアインファームを。草むらの中でたくましく育っているのは丹波の黒豆。暗闇でゴソゴソと草刈りする怪しい女がいたら、それは私です…

それでは土曜の朝、そして夜にお会いできるのを楽しみにしています!


2016/08/24

韓国市場レポ②〜ソウル夜お化け市場〜

今週末、8月最後の土曜日は、いつものアイン朝市だけでなく夜市も開こうとしている私たち。

「朝市もいいけど、夜市やったらいいんちゃうん?涼しそうやし、楽しそう」。スタッフ内で、この夏そんな冗談を言い合っていたら、本当にやることになりました(笑)。

妄想をすぐ形にしてしまうのが、EINスタッフのすごいところ。ただ今、さらなる妄想を膨らませ、初めての夜市にむけて準備中です。詳しくは明日木曜日中に、このブログでお知らせします。


お盆休みに訪れた韓国・ソウルでも夜市が開かれていることを知り、早速行ってきました。


訪れたのは「서울 밤도깨비 야시장(ソウル夜お化け市場)」。ソウル最大の川・漢江(ハンガン)に浮かぶ人工島の汝矣島(ヨイド)で開かれていた夜市です。

ここは国会議事堂や放送局などがあるオフィス街と、サイクリングやアウトドアを楽しむ人たちでにぎわう市民公園が同居するエリア。


の夜は遅くまで家族・友人・恋人と集い、チキンやビールを片手におしゃべりを楽しむ人たちの姿がたくさん見られます。

そういえば韓国って、河川敷のどこにいても、宅配チキンを頼んだらちゃんと届けてくれるんですよー!目印があるようでないこの河川敷で、みんなどうやって注文してるんでしょう?


川沿いにずらりと並んでいたのは、アクセサリーや器など、手作り作家のお店でした。似顔絵を描いてくれるお店も。


フードコーナーにはキッチンカーが何台も連なり、ステーキ、ハンバーガー、ソーセージ、アイスクリームなどを販売していました。


上の写真、K-popアイドルのコンサート風景のようにも見えますが、バックライトに照らされているのはステーキを焼く男性たち。

同じユニフォームに身を包み、焼く姿も一つのパフォーマンスのように見せながら、お客さんを楽しませていました。


会場の中には、キャンプ用のテントが張られたスペースも。うっかり終電を逃しちゃっても、これなら大丈夫ですね。街中でキャンプ気分が味わえるなんて楽しそう!


他にも、イスを並べて映画の上映会を開いたり、ミュージシャンが演奏したり歌を歌ったりしていました。

まだまだ蒸し暑かったけれど、過ぎゆく夏の夜に街の人たちが河原に集い、おもいおもいの時間を過ごす風景は、忘れがたい2016年の思い出になりました。


この夜市、10月末までの毎週金・土曜日、18時30分〜23時に開かれています。ソウル旅行に行かれる方はぜひのぞいてみてくださいね。

ソウル夜お化け市場HP

今日は予定を変更し、夜市レポートをお送りしました。私の好きなイチオシ市場は次回ご紹介しまーす!

2016/08/23

韓国市場レポ①〜広蔵市場〜

アンニョンハセヨ!ミーナです。以前からちらちら書いていますが、10年前に初めての海外旅行で韓国・プサンを訪れ、市場のにぎわいや食のパワーに圧倒された私。

その数年後、「韓国に料理留学がしたい」という夢を抱いて渡韓し、1年間語学学校に通いながら、韓国家庭料理の基礎を学びました。

3年前に帰国してからは、1年に1〜2回韓国を訪れ、市場でご飯を食べることを楽しみにしています。


ソウルに行くと必ず訪れるのは、東大門エリアにある広蔵市場(クァンジャンシジャン)。今年のお盆休みにも、朝ごはんを食べに行ってきました。


1905年に国内初の市場として誕生し、伝統衣装などの衣料品から寝具、青果まで何でもそろう広蔵市場。食の屋台もずらりと並び、いつ行っても大勢の人で賑わっています。


名物はいろいろありますが、初めて訪れた時にそのおいしさに驚いたのが「ポリパッ」。麦飯にいくつもの野菜(写真上)を混ぜ込んで食べる「麦飯ビビンバ」です。


混ぜるとこうなります。野菜たっぷり!


市場で他にもたくさん食べたかったので、友人と2人で1人前のビビンバを頼んだら、案の定、屋台のアジュンマ(おばさん)が不機嫌になりました。

「あんたたち、もっと食べなさいよ」と言いたげな顔。「水ばっかり飲んで」と小声で嫌味も言われちゃいました。でも、そんなことにひるんではいけません。

こういうアジュンマはよくいます。もりもりたくさん食べる人が好きなのです(儲かるしね)。韓国で屋台のアジュンマに好かれるコツは「おいしそうにたくさん食べること」です、たぶん。

もう一つ、この市場に来たら絶対に食べて帰るもの。それは「ピンデトッ」という緑豆チヂミ。

水でふやかした緑豆を挽いて粉にし、肉や野菜を混ぜてたっぷりの油で揚げるように焼いた一品。外はカリッと、中はふっくらジューシーで、マッコリと一緒に味わうと最高なんです。


この市場では「スンデ」という料理が食べられる屋台もたくさん見られます。これは豚の腸にもち米や春雨などを入れた韓国式ソーセージのこと。

見た目がグロテスクで今まで避けていたんですが、スンデ好きの友人のおかげで今回初めて挑戦する勇気がわき「スンデクッ(スンデスープ)」を食べてみました。


豚骨スープの中に、豚肉やスンデがたっぷり。臭み消しの効果があるのか、エゴマの粉(エゴマ油の搾りかす)をたっぷり入れて味わうと、スープのコクが深まり、スプーンを持つ手が止まらなくなりました。

「밥 먹었어(ご飯食べた)?」というあいさつが、日々自然に交わされている韓国。朝から市場や食堂でもりもり食べる人たちを見ていると、食べることを本当に大事にしている国だと感じずにはいられません。

なんだか市場レポートというより、食レポになってしまいましたが、もう一つソウルで一押しの市場があるので、後日ご紹介したいと思います。アンニョン!
 
 

2016/08/21

第6回アイン朝市

20日(土)の朝はとっても涼しくて「今日は最高の朝市日和だぞ〜」と思いながら品出しをしていたら、あれ? オープン時間を過ぎても、お客さんの姿がまばら。


アイン朝市6回目にして、まさかもう、飽きられちゃったのかしら?!それともみんな夏バテ? 

旬の果物や淡路島から取り寄せた野菜もたくさんあるのに、お客さん来なかったらどうしよう…。そんな不安がよぎった朝7時。


しばらくすると、遠くにランドセルを背負って歩く小学生の列が見えました。「今日は登校日らしいよ。うちの孫もさっき学校行ったわ」と話すお客さんが来店。

「高校野球も準決勝だし、10時半頃からオリンピックの陸上決勝戦があるから、みんな家にひきこもってるのかも?」と教えてくれた方もいました。そっか、それは家から出ないはずだ!


でもそのおかげでスタッフ全員、いつもより密にお客さんとお話しすることができたと思います。


日が昇ると共に、来店者も増えていきました。「ずっと行きたいと思ってて、今日やっと来れましたー!」という方がいつも以上に多かったかな。お仕事前に立ち寄ってくれた方も。

アイン朝市で買ったという帽子やキーンのサンダルを履いてきてくれた常連さんもいました。「ここに来るのを楽しみにしてるの」って、わざわざ垂水から。みなさん、ありがとうございます!


今回は「淡路島祭り」を企画してみました。淡路島に移住したイケメンお兄さんたちの作る野菜、いかがでしたか? 

普段なかなか食べる機会のない、野性味あふれる「ルッコラ セルバチカ」は、試食すると普通のルッコラとの違いがよくわかりますよね。香りのある野菜が好きな人は、すごく好きな味だと思う。

濃厚な味わいのピーマン、カラフルなスティックパプリカ、リーフミックスなどなど、淡路島の野菜は来週も仕入れる予定ですので、今回来れなかった方、ぜひ見に来てくださいね〜!


市場に並べる野菜や果物はすべて、わたくしミーナが毎週、農家さんや卸売市場から直接仕入れています。


旬のものを集めるのは当然のことなんですが、大事にしているのは「私たちが今食べたいと思うものをそろえる」ということ。

そこで、どうしても食べたかった季節の果物「いちじく」を神戸市西区と加古川市志方町から仕入れてみました。この2エリアは兵庫県の中で、いちじくの産地として知られています。


数年前の私がそうだったように「いちじく、食べたことないんです」という方も結構いますよね。朝市では試食をお出ししますので、この機会に味見してみてくださいね。来週もたくさんご用意しますよー!


いつもはバタバタしている私も、今回は「cafe meme」さんのマフィンや、フレンチレストラン「ラ プロヴァンス」さんの冷製カボチャスープを味わえる時間が少しだけありました。


朝早く起きて外でごはんを食べるって、ただそれだけでいつもの倍おいしく感じるものですね〜。幸せ。


今回から新しい朝活「オリジナルのイスを作ろう」ワークショップも始まりました。アトリエ・アインのレアなオリジナルデザインの生地を使って、自分でイスが作れます。材料費込みで3900円。


なんと、イスの持ち込みも可能です(1500円〜)。お家からイスを2脚持ってきたお客さん、早速いらっしゃいましたよ。私も昔から使っているイスのクッション部分を張り替えたいなあ。

このワークショップ、来週もやります!お楽しみに。


ようやく涼しくなってきたので、これからは自転車やバイクで朝市に来る方も増えそうですね。スタッフ・住徳さんが作った自転車スタンドも、朝市会場で待ってまーす。


来週27日(土)は朝市だけでなく、夜市も開こうと計画中です。朝市は7時〜11時、夜市は18時30分〜20時30分頃までを予定。朝には飲めないビールもご用意しますよ(時間等の詳細は変更の可能性あり)。

8月最後の土曜日、みなさんにお会いできることを楽しみにしてます!
 


2016/08/18

淡路島祭り、はじまるよ。

お久しぶりです!ミーナです。みなさん、今年のお盆はどんな風に過ごされましたか?

私は市場取材も兼ねて、韓国・ソウルに行ってきました。ソウルは新潟と同じくらいの緯度なので、兵庫より少し涼しいはずなんですが、今年はものすごく蒸し暑かったです。なんと、109年ぶりの猛暑なんですって。市場レポートはまた後日公開しますね。


暑い暑いとはいえお盆を過ぎると、朝晩は少しだけ涼しくなってきた気がしませんか?夏って意外に短いもんです。でも、切なくなるのはまだ早い。土曜の朝にはアイン朝市が待っていますよー!

今回の朝市は、なんと淡路島から採れたての野菜がやってきます。淡路島に移住して就農した若手農家6人を中心に構成される「フレッシュグループ淡路島」(株式会社フレッシュグループ)のメンバーが、手塩にかけて作っている野菜です。

彼らの野菜は普段、淡路島のみならず、神戸・大阪・東京などのホテルやレストラン、百貨店に出荷されています。


※写真上はフレッシュグループ淡路島提供

水野農園のカラフルなスティックニンジンは、ディップやマヨネーズを付けて召し上がれ。ニンジンの葉もあなどれません。炒めたり、かきあげにして食べるとおいしいんですよー!


さとう農園のスティックパプリカは、赤・黄・緑・オレンジの4色。ミニサイズで種が少ないので丸かじりできます。先日、畑に伺い試食させてもらいましたが、とっても甘い。

これを作っているのは、大分出身、就農4年目の“パプリカ王子”こと佐藤直也さん。「パプリカやピーマンは、蒸すと色がとってもきれいになるんですよ」と教えてくれました。


佐藤さんの農園からは、袋を開けて洗うだけですぐにサラダが作れる「リーフミックス(100g)」も届く予定です。アイン朝市の仕入れをするようになり知りましたが、暑い時期の葉物野菜って作るのが難しいため、質の良いものは品薄。「最近サラダ作ってないなあ」という方、この機会にぜひいかがですか?



「ピーマン嫌いなのに、ピーマンを作り始めた」と笑うのは、稲美町出身、F.W.Aの山下敏彦さん。ピーマンって熟すと赤くなるんですって。パプリカのようにも見えるけど、肉厚が全然違います。



今回は緑のピーマン「さらら」を届けていただく予定です。山下さんのピーマンは味が濃いのが特徴。全体にオリーブオイルを塗ってフライパンでしっかり焼き、だし醤油を少しかけて食べるとすごくジューシーでした。種まで全部食べられて、立派なおかずの一品になったし、「ピーマンってこんなにおいしかったんや~!」と感激。


あとこれ(写真上)、何だかわかりますか?一見、無造作に生えている雑草のように見えますが、これはルッコラによく似た風味の「セルバチカ」。ルッコラと同じくゴマのような香りと、ピリッとした苦味や辛味が特徴です。

イタリア料理、フランス料理ではピザやパスタ、肉料理に使われています。畑で初めて試食し、思わず「もうちょっと食べていいですか?」と言ってしまったほど、見た目からは想像できない魅惑的な味の「セルバチカ」。うーん、なんだかワインとかチーズも一緒に食べたくなっちゃうぞ。試食を用意しますので、ぜひお味見を。お楽しみに!

セルバチカの他にも、バジルなどのハーブを7棟のハウスで生産している森農園の森靖一さん。一歩ハウスに足を踏み入れると、さわやかなバジルの香りに包まれました。

「僕の農園がある一宮町は、約1400年前に香木(こうぼく)が流れついたという伝説があり、線香の町として知られています。だから僕も『香る野菜を作ろう』と思い、ハーブの王様と言われるバジルを中心に栽培し始めました」と森さん。そういえば線香って、約7割が淡路島で作られているんですよね。

淡路島の歴史を踏まえて農業に取り組む森さんですが、実は奈良からの移住組。農園を運営しながらフレッシュグループ淡路島の代表も務める若き農業家です。


※写真上はフレッシュグループ淡路島提供

森さんたちと提携している南あわじ市の「2525(にこにこ)ファーム」からは、大玉のタマネギも届く予定です。あと、赤タマネギもやってきますよー!



取材の帰りに淡路SAから見た明石海峡大橋。淡路島って遮るものがないから、空全体が見渡せてすごく気持ちがいいんですよね。また行きたくなってきたなあ。

今週末は淡路島まで行くかわりに、加古川で島の恵みをたっぷりいただきましょう!朝市にはそのほか、神戸市で採れた梨やいぢじくも登場します。もしかしたら、ぶどうも?ラインナップが次第に秋めいてきましたが、過ぎ行く夏の朝を一緒に楽しみましょうね。

では、土曜の朝に会いましょう!チャオチャオ~